Scroll Top
Mjin通信:TikTokが主導する情報革命:驚愕の統計データが暴く、私たちが知らない世界-#00007
dance-tiktok-2021-11-02-00-09-27-utc
新時代のニュースメディア: TikTokの驚異的な台頭とその地政学的影響力

スマートフォンを手に持ち、一瞬で世界中の情報にアクセスできる現代。その中でもTikTokは大きな影響力を持つ存在となっています。18歳から24歳の若者の間では、この中国生まれのアプリが新たなニュースの配信チャネルとして急速に台頭しています。Z世代の5人に1人(20%)がニュースのためにTikTokを使用し、同じ年齢層の約半分(44%)が定期的にこのアプリを利用しています。



この現象は地球上の多くの地域で確認できます。アジア、ラテンアメリカ、アフリカでのTikTokの使用率は特に高く、ペルーとタイでは過去一週間でTikTokを使用した人の30%がニュースを視聴しています。これは単なる一過性のトレンドではなく、新たなメディア環境の到来を示しています。



しかしこの現象の裏側には、あまりにもショッキングな統計データが存在します。なんと、TikTokユーザーの約6割が、自分が見た情報が真実かどうかを判断するのが難しいと感じているのです。これは、情報が爆発的に増えている現代社会において、真実と偽情報を見極めることがいかに困難であるかを示しています。



さらに驚くべきことに、デジタルネイティブの間で、自分が見た情報が真実かどうかを判断する自信が著しく低いという統計データもあります。この年齢層の約70%が、自分が見た情報の真実性を確認することが難しいと感じています。これは、情報リテラシーの向上が急務であることを示しています。



また、誤った情報が拡散されたときの影響も計り知れません。ある調査によれば、誤った情報を信じて行動に移した人々の約8割が、後でその情報が誤りであったことを知り、悪影響を受けたと報告しています。これは、誤情報が人々の行動に直接影響を及ぼし、社会全体にネガティブな影響を及ぼす可能性があることを示しています。



一方で、この現象は機会にもなり得ます。情報社会において我々が求められるスキルは、単に情報を得ることだけではなく、その情報の質や信頼性を評価する能力も非常に重要です。この新たな情報の波を自分たちの力で操ることこそが、我々が情報社会の主役となるための第一歩と言えるでしょう。



新たなメディア環境が拓く未来は、決して一様ではないことを自覚しておくべきです。TikTokの台頭は新たな情報社会の到来を告げていますが、その一方で、その潮流に乗ることで、誤情報が広がる可能性も内包しています。私たち一人一人が情報を取り扱う責任を自覚し、社会全体で情報の信頼性を守るための努力を続けることが重要となります。

全世界でTikTokのユーザーが爆発的に増加しており、その中にはニュースを追求する若者も多く含まれています。これは、今後の情報メディアの流れがどう変わるかを示唆する重要な指標です。

1 18〜24歳の5人に1人(20%)がニュースを取得するためにTikTokを利用

2 ペルーとタイでは過去一週間でTikTokを使用した人が30%

3 TikTokユーザーの50%が、主要ニュースメディアの読者数を上回る

情報を手に入れる方法が多様化する現代社会において、TikTokのような新しいメディアの利用は、我々の生活の中により良い情報社会を創り出す力を与えています。TikTokを通じて自分の目で情報を見ること、自分自身でその情報の真偽を確認することで、より良い情報社会を作り上げていくことができるのです。



次にTikTokを開くとき、その中にある情報の価値をよく確認してみてください。そして、自分自身でその情報の真偽を確認することを忘れないでください。あなたのその行動とメンタリティが、偽情報から真実へと社会を導く鍵となるのです。新しいメディアの波に流されるのではなく、その波を自分たちの力で操ることが、情報操作から回避する第一歩です。新たなメディア環境が拓く未来は、まだ定められてはいません。時に波瀾万丈で、時に静寂を帯び、さまざまな展開を今後のVUCAの時代に見せるでしょう。しかし、その中で一つ確かなことは、我々がその渦中にいるということです。我々自身の手によって形成され、我々自身の視線によって見つめられる未来な事は確かです。



今日の社会は、情報があふれる一方で、その真偽を見極めることが難しくなっています。しかし、それは同時に、私たち一人一人が情報に対する意識を高め、より深い理解を追求する機会でもあります。情報を単に消費するだけでなく、吟味し、評価し、活用すること。それこそが、新たな情報社会を生き抜くためのスキルとなるのです。



このショッキングな現実を前に、ただ驚くだけではなく、この現状を一緒に変えていくための行動を起こすことが求められています。それは情報リテラシーの向上から始まり、偽情報の拡散防止、そして社会全体での情報の品質向上へとつながります。それぞれが自分自身の行動を見つめ直し、情報を正しく理解し、適切に行動に移すことが求められています。



TikTokの存在は、我々が直面している課題を明確に示しています。しかし、その課題を乗り越えることで、我々はより良い情報社会を築くことができるのです。今こそ、我々一人一人が自分自身の行動を見つめ直し、新たな挑戦を始めるときなのです。