Scroll Top
Mjin通信:Eisenhower行列を活用したタイムマネジメント-#00003
time management
Eisenhower行列とは?タイムマネジメントへの有効性
Eisenhower行列は、タイムマネジメントの手法の一つで、タスクや活動を重要度と緊急度の観点で分類するためのマトリックスです。

この行列は、アメリカの第34代大統領であるドワイト・D・アイゼンハワーによって使用されたと言われており、重要度と緊急度の2つの要素に基づいてタスクの優先順位を付けることを目的としています。

重要度とは、目標や価値に対する重要性を示し、長期的な成果や目的達成に関連します。一方、緊急度とは、タスクが時間的な制約や締切に迫っている度合いを表し、短期的な対応が必要なことを指します。
Eisenhower行列を使うことで、目標達成と生産性の向上を実現できます。ぜひ今日から試してみましょう!
Eisenhower行列では、タスクを以下の4つのカテゴリに分類します:

1 重要かつ緊急なタスク(重要緊急)

2 重要だが緊急でないタスク(重要非緊急)

3 緊急だが重要でないタスク(非重要緊急)

4 非重要かつ非緊急なタスク(非重要非緊急)

時間を効果的に管理し、重要なことに集中するために、Eisenhower行列を使ってタスクを整理してみましょう。重要かつ緊急なタスクを最優先に取り組み、重要だが緊急でないタスクにも時間を割り当てましょう。一方、緊急だが重要でないタスクや非重要かつ非緊急なタスクは、時間を節約するか、適切に削減しましょう。