Scroll Top
Mjin通信:DXとは?-#00001
DX-laptop
DXとは?なぜ今必要なのか?

私たちの一般社団法人デジタルイノベーションでは、デジタル変革、またはDX(Digital Transformation)を真剣に考える必要があると主張しています。何故なら、これは私たち全てに影響を与える重要なトピックだからです。

 

デジタル変革は何かと言えば、経済産業省によると、「デジタル技術を活用してビジネスプロセス、企業活動、組織文化、顧客体験を根本的に変革し、新たなビジネスモデルとエコシステムを創出すること」を指します。これは単なる技術の導入ではなく、組織全体の根本的変革を指すのです。

 

では、日本はこのデジタル変革をどの程度達成しているのでしょうか。残念ながら、日本はDXの面で世界から遅れをとっています。OECDの調査によれば、日本のデジタルエコノミー指数は34ヶ国中34位、つまり最下位という結果です。これは危機的な状況と言っても過言ではありません。

 

この遅れは、日本がグローバル競争力を失い、経済的機会を逃す危険性をはらんでいます。このままでは、日本企業の成長と繁栄が妨げられ、結果的には日本全体の経済状況にも影響を及ぼす可能性があります。

 

DXの本質を理解し、ピープル、プロセス、プラットフォームの3Pを中心に組織変革を推進し、共に日本のデジタルイノベーションを加速しましょう!


私たちは、DXの実現に向けて、「3P」 – ピープル、プロセス、プラットフォームを強く推奨します。これらの3つの要素はDXの基盤となり、一つ一つが互いに補完し合いながら組織変革を推進します。

P People

P Process

P Platform

まず、「ピープル」について考えてみましょう。人々は、デジタル変革の中心的な役割を果たします。ただし、そのためにはデジタルスキルと知識が必要となります。スキルと知識を持った人々が、新たなデジタルツールを最大限に活用し、イノベーションを推進することが求められます。ここでは、教育やトレーニングの必要性が浮き彫りになります。


次に、「プロセス」を考えてみましょう。DXは業務プロセスを根本的に見直し、効率化と生産性の向上を目指すべきです。この過程で、データ分析や自動化が大きな役割を果たします。それによって、企業は顧客のニーズをより深く理解し、それに応えるための新しい価値を創造することが可能となります。


そして最後に、「プラットフォーム」についてです。強固なデジタル基盤は、イノベーションとスケーラビリティを可能にします。クラウド技術やAPI経由のサービス統合が、新たなビジネスモデルや価値創造を後押しします。


しかし、これらの要素は、各々が孤立して存在するのではなく、一体となって機能することが求められます。組織全体が協力してデジタル変革に取り組むことで、DXの成功が可能となるのです。


これからの時代、日本のデジタル変革を加速し、日本のデジタルエコノミーの立て直しを目指すことが重要です。一般社団法人デジタルイノベーションは、「共有から始まるイノベーション、知識をつなぎ、未来を開く」を私たちのスローガンとして掲げ、デジタル変革を推進していきます。


私たちは皆さんの参加をお待ちしています。一緒に日本のDXを実現し、明るいデジタルイノベーションに満ちた未来をつくり上げましょう!