Scroll Top
Mjin通信:再加熱の予感?音声SNSの新時代@2023-#00004
音声SNS
次の再爆トレンドはこれだ!
音声SNSの新時代@2023

今密かに、私たちのコミュニケーション方法を再度一変させているものがあります。それは文字や画像ではなく、音声によるSNS。たとえば、あなたが一日の終わりに文字を打つのが面倒くさく感じたことはありませんか?私も個人的に使っているWhatsApp。仕事で活用しているMicrosoftTeamsでも、文字を打つより、私が在住しているスペインや欧米諸国では音声でやりとりをするのが当たり前。文字打ちはもはや面倒でしかないので、実はこのブログも音声認識で入力して、ちょこちょこ修正しているという状態。音声SNSは、そんな文字打ちに疲れた私たちを助けてくれます。

 

ここで驚くべきことが一点。音声SNSはただ話すだけのプラットフォームではありません。新たなコミュニケーションの形が生まれているんです!データによると、Z世代の75%以上が音声SNSを活用して、新たな情報を得たり、感情を共有したりしています。

音声SNSで、もっと自由に、もっと深く

ここで課題も含め、重要な3つの点に目を向けてみましょう。一つ目は、音声であるからこそ誤解が生じやすいこと。二つ目は、気軽に発言できる反面、トラブルが生じやすいという点。でも、それでもポジティブな三つ目は、それでも我々が音声SNSを通じて、より自由で直感的なコミュニケーションを享受できることです。

 

特に最後の点は、この新たなコミュニケーション形態が私たちの生活をより豊かで、より繋がったものにしていくことを示しています。このトレンドに乗って、音声SNSの世界にはまだまだ未知の可能性が広がっているのです。

 

下記に例として、いくつか音声SNSのプラットフォームを紹介します:

1 Clubhouse

2 Twitter Spaces

3 Discord

4 Spotify Greenroom

これらのプラットフォームは各々特色があり、用途やユーザーのニーズに合わせて使い分けることができます。音声SNSはまだまだ新しい領域なので、これからさらに新しいプラットフォームや機能が登場することでしょう。

 

再加熱している音声SNS、皆さんにも一度試してみてはいかがでしょうか?新たなコミュニケーションの形を探し、自分自身の声を世界に届けてみてください。あなたが発見する可能性は無限大です。