Scroll Top
Mjin通信:リスキリングとは?-#00002
reskilling
リスキリングとは?なぜ今必要なのか?
こんにちは皆さん!ete holdings(エテ・ホールディングス)CEOの石川恵理香です。2023年6月27日(月)14時から、オンラインセミナーを開催します。タイトルは「VUCA時代のエンジニアリスキリング:課題・戦略・実践への道」です。

このセミナーでは、エンジニアリングとテクノロジー分野において重要な要素であるVUCA(Volatility, Uncertainty, Complexity, Ambiguity)について詳しくご紹介します。さらに、現代のエンジニアが直面する課題やリスキリングの重要性についても探求します。
リスキリングはVUCA時代において不可欠な戦略であり、自身のスキルをアップデートして未来に備えましょう!

セミナーでは、以下の内容に焦点を当てます。

1 VUCAの説明とエンジニアリングへの影響

2 エンジニアが直面する課題と解決策

3 リスキリングの具体的なアプローチと手順

リスキリングとアップスキルは関連する概念ですが、異なる側面を持っています。リスキリングは、既存のスキルセットを大幅に変革し、新たなスキルや知識を習得することを指します。一方、アップスキルは既存のスキルを深化させることや、新しい技術や手法を取り入れることに重点を置いています。

VUCA(Volatility, Uncertainty, Complexity, Ambiguity)時代においては、リスキリングがますます重要な役割を果たします。以下に、数値的なエビデンスを交えながらその理由をまとめます。

1 職業の変化と新たなスキル要件の増加

2 収益と競争力の向上

3 キャリアの持続性と雇用機会の創出

これらのエビデンスから明らかなように、VUCA時代においてリスキリングは必要不可欠な要素です。エンジニアが自身のスキルを進化させ、新たな技術や環境に適応するためには、リスキリングへの取り組みが不可欠です。

また、エンジニアリスキリングは、持続可能なキャリアパスを確保し、競争力を維持するための重要なステップです。また、新しいスキルの習得は自己成長や適応力の向上にもつながります。

日本では政府、教育機関、そして企業の3軸でリスキリングが推進されています。政府は産業構造の変化に対応し、企業の人材開発を支援しています。教育機関ではオンライン学習ツールの利用が広まり、個々のエンジニアが自己学習でスキルを磨くことが可能になりました。また、企業も自社の従業員のリスキリングに力を入れています。

セミナーでは、実際のリスキリングの手法や成功事例も紹介します。リスキリングのプロセスにはスキルギャップの特定、スキルマップの作成、学習環境の提供、フィードバックと評価、そして成果の認識と報酬などが含まれます。

VUCA時代のエンジニアリスキリングに興味がある方は、ぜひセミナーにご参加ください。下記のリンクからお申し込みいただけます。お待ちしております!

【リンク】
https://jp.mathworks.com/company/events/webinars/upcoming/reskilling-for-engineers-4078909.html