Scroll Top
Mjin通信:データサイエンティスト不足の真実:個人と社会の課題とその解決策-#00008
data scientist
データサイエンティストになる難しさ - 社会的課題と個人的課題
データサイエンティストという職種を聞いたとき、あなたはどんな感想を持ちましたか? データ分析やAIを活用する仕事という漠然とした理解はあったかもしれません。確かに、そういった技術が求められる職種ですが、それだけではなく、「21世紀の最もセクシーな職業」とも評されるほど魅力的で、多岐にわたるスキルが求められます。

しかし、日本においてはデータサイエンティストの需要と供給に大きなギャップがあります。230万人ものデータサイエンティストが不足していると言われています。この状況は、社会全体と個々の課題から生じています。それはどのような課題で、どのように解決すべきなのでしょうか。
未来のデータサイエンティストは、あなた。逆境はただのステップ。それを跳ね返し、新しい世界を創造するのはあなた自身です!
データサイエンティストとは、巨大なデータを解析し、ビジネスや社会問題の解決につながる洞察を見つけ出す専門家です。しかし、「データサイエンティストになりたい」と思っても、多くの課題が立ちはだかります。これらの課題は大きく分けて、社会的な問題と個人的な問題に分類されます。

まず、社会的な課題から見てみましょう。

1 STEM教育

2 デジタルエコノミー

3 企業のデータ利用

次に、個人的な課題を見ていきましょう。

1 広範で高度なスキルセットの必要性

2 継続的な学習の必要性

3 実践的な経験の不足

これらの課題を克服するためには、社会全体と個々が協力して、教育改革や企業のデータ利用環境の改善、そして個々のスキルアップと持続的な学習への取り組みが必要です。これは決して容易な道のりではありませんが、その先にはデジタル時代を牽引する新たな可能性が待っています。

 

次回は、こういった課題に個人として打ち勝つ方法について話を進めていきます。