Scroll Top
Mjin通信:ジブリの”宣伝なし”戦略、デジタルマーケティングの革新的なアプローチ-#00006
0629
ジブリが開くデジタルマーケティングの新地平

映画のプロモーションといえば、トレーラーやポスター、特別イベントなどが思い浮かびますよね。しかし、スタジオジブリの新作「君たちはどう生きるか」では、一風変わった戦略が取られています。それは、「宣伝なし」。そう、映画の公開を前に、ほとんどの情報を公にしないという前例のないアプローチです。今回はこの驚くべき戦略が、どのようにデジタルマーケティングと絡み合うのかを一緒に探ってみましょう。

 

まず、伝統的なマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは何でしょうか。伝統的なマーケティングにおいては、広告、イベントなどを通じて商品やサービスを消費者に認知させる一方、デジタルマーケティングはインターネットやSNSを活用し、よりターゲット指向のアプローチを可能にしてきました。2021年のeMarketerの報告によると、デジタル広告の支出は全広告費の半分以上を占め、今なお増加傾向にあります。

 

この状況の中で、スタジオジブリの「宣伝なし」戦略は一見すると対極のように思えます。しかし、これはあえて情報を制御することで、視聴者の好奇心や期待感を高め、視聴者が映画を”発見”する喜びを提供するという独特のアプローチなのです。これは情報過多の現代社会に対する新たな革命と言えるでしょう。

 

この戦略が生み出す「情報の制限」による期待感は、デジタルマーケティングに新たな視点を提供します。現在、消費者は日々膨大な情報にさらされており、

 

Adobeの報告によると、消費者は1日で約5,000の広告にさらされるとされています。

この中で、情報を減らすという戦略は、消費者の注意を引く新たな方法となり得ます。

では、この戦略が今後のデジタルマーケティングに何をもたらすかについて考えてみましょう。マーケティングの目的は、商品やサービスについての認識を高め、購入意欲を喚起することです。しかし、スタジオジブリの戦略は、情報の制限により消費者の関心と好奇心を引き出すという、伝統的なマーケティング手法とは一線を画したものです。

 

この手法が示しているのは、「消費者の関心を引く」ためには、必ずしも「多くの情報を提供する」ことが必要ではないということ。情報を制限し、消費者が自ら探求したいと感じる環境を提供することで、強力なブランドへの興味や期待感を生み出すことが可能になるかもしれません。

 

「宣伝なし」の戦略は、デジタルマーケティングに新たな視点を提供し、今後のマーケティング戦略における一つの貴重なユースケースとなるでしょう。情報が溢れる現代社会において、我々はどのように消費者の注意を引き、興味を喚起するかを常に考えなければなりません。そして、その答えの一つは、スタジオジブリの「君たちはどう生きるか」に見つけることができるかもしれません。